iMac 27inch Mid2010(MC814J/A)にメモリ32GB

iMac 27inch Mid2010(MC814J/A)にメモリ32GB入れてみました。

標準の2GB×4枚だったのを、2GB×2枚 4GB×2枚の12GB構成にしていたのですが
Echofon、Safari等の常駐アプリに加えて Aperture、Final Cut Pro X、Photoshop Express辺りを
起動するとスワップ6GBで延々HDDがゴリゴリなりっぱなしでした。

結論:人によっては12GBメモリでもぜんぜん足りない

という訳で、非公式ではありますがメモリを32GBに増やしてみました。

まず、iMac 27inch Mid2010(MC814J/A)自体、Apple公式は4GB×4枚の最大16GBです。
公式ユーザーガイドより

ただし、一部機種でApple公式よりも多くのメモリが積める場合があります。
Google先生に聞けば一発ですが
定番の【MacMactracker】というAppStoreのアプリで確認してみます。
Mactracker – iTunes – Apple
Maximum Memory:32GB(Actual 有効) 16GB(Apple 公表値)

今回買ってきたのはこちら
CFD販売 ノートパソコン用メモリ
DDR3-SODIMM PC3-10600 CL9 512x8Mbit 2Bank 8GB 2枚組 W3N1333F-8G  

取付け後、ビープ音がなりっぱなしで焦りましたがちゃんとハマってなかったみたいです(;^ω^)
8GB×4枚の感動\(^o^)/ 1日使った感じではスワップによるHDDカリカリが発生しなくて快適!

念のためApple Hardware Testしておきました。
基本的には起動時【D】キー押しっぱなしでAHTが起動するようですが
機種によっては【Option + D】キーでAHTが起動します。
32GBメモリを取付けて何時間かかるかと思いましたが、大体3時間でした。

follow us in feedly
         

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA