【レビュー】15インチ型MacBook Pro 2018を購入!Mid 2015からの買い替え!

15インチ型のMacBook Pro 2018モデル買っちゃいました!

なんの前触れもなく発表されたMacBook Pro 2018モデル。
15インチ版MacBook Pro Mid2015モデルを持っていたので、およそ3年経ち、買い時を探していた時なので、第8世代 Intel 6 coreプロセッサー、True Toneテクノロジーの響きにやられて即購入🤣

私が購入したモデル

15インチMacBook Proの下位モデルを、カスタマイズで512GB SSDにしただけ。

外観自体は、Touch Bar搭載モデルの2016年、2017年モデルと変わらないようなので、Mac好きな人なら家電量販店やApple Storeなどで見ている人も多いのではないでしょうか。
私が持っている2015モデルと比較すると・・・
・Touch Barが搭載された
・バタフライ構造の新型キーボード
・体感でも薄く、軽くなった
・HDMIやUSB(A)SDカードスロットがなくなり、USB-Cに統一された
など外観上の変更点もあって、久しぶりのMacにワクワクします!

個人的に購入動機になった機能的なトピックス
・第8世代 Intel 6 core プロセッサー
・より故障しにくく静かになった新型バタフライ構造キーボード
True Tone テクノロジー搭載ディスプレイ

他にも、32GBメモリが積めるようになったとか、Hey Siriが使えるようになったとかあるのでしょうけど、プロではなくただの素人なので普通に使えれば十分!

第8世代 Intel 6 core プロセッサー

ついにMacBook Proにも6 coreプロセッサー搭載!
あまりCPUパワーが必要な事はしないけど、早いに越した事はない。
Geekbench 4でMacBook Pro 2018と2015を比べてみたら、50%以上速度アップ!

⬇Geekbench 4の詳細スコア2015モデル(2.5GHzクアッドコアIntel Core i7)

⬇Geekbench 4の詳細スコア2018モデル(2.2GHz 6コアIntel Core i7)

True Tone テクノロジーのディスプレイ

期待していた機能だったのですが、個人利用ではあまり影響はありませんでした🤣
2015モデルと2018モデルを並べて環境光を変えると、確かに色味の変化が起こるのですが、厳密に色を管理するわけではないので、使い勝手には影響はありませんでした。

爆速SSD(2015モデル1TB VS 2018モデル512GB)

SSDの速度には十分満足していましたが、一応速度を比較してみました。
4K映像を扱う人で、4TBつめばMacBook Proでも快適に編集できるかも。
⬇(Write、Read共に早い方が2018モデル)
 

新型バタフライ構造キーボード

店頭で触った感じだと、2015モデルと比較して新型バタフライ構造キーボードはかなり薄くて打鍵感が無くてあまり好みではありませんでした・・・。
が、実際に触ってみると印象は変わるものですね💧

2018モデルのキーボードは、キーの面が大きくてかなり打ちやすいと感じてきました。レビュー用に2015モデルと並行して使っていると余計に感じます。
2015モデルはキーが小さい!(その代わりに打鍵感はあるが・・・)
⬇2015モデルのキーボード

2018モデルは確かにキーボードの打鍵感は少ないが、2017以前のキーボードより静かで(ぺちゃぺちゃ感が無く)打ちやすいと思います。
⬇2018モデルの新型バタフライ構造キーボード

広大なトラックパッド

2018モデルは、2015モデルと比べるとトラックパッドが広すぎる!🤣
広すぎて手が当たってポインタが動かないかなと心配したのですが、手のひらが少し当たったくらいではポインタは動かず、快適にタイピング・操作できます。
⬇2015モデルのトラックパッド

⬇2018モデルのトラックパッド

Touch Barが標準搭載

2018モデルからTouch Barが標準搭載されました。(むしろ非搭載が無い)
個人的には、Touch Barは”あってもいい、でも無くても困らない”
”便利かといえばそうでも無く、かといって不便でも無い”
つまり、別に物理ファンクションキーでもTouch Barでもどちらでも良い🤣

便利な点があるとしたら、Touch BarにはTouch IDが搭載されているため、スリープ後のログインにTouch IDが使えて便利くらいかな。
⬇2015モデルの物理ファンクションキー

⬇2018モデルのTouch Bar
(ちなみにTouch IDのボタンはフリーズした時の強制シャットダウンのボタンになってました・・・。電源ボタンがないから焦った😓)

光らないマーク

もう、僕らのMacBook Proのマークは光ってはくれない😭
でも僕はガンメタのマーク好きですよ。

薄くなった本体

2015モデルと比べてほんの少しだけ薄く、軽くなりました。
もともと15インチMacBook Proは日常的に持ち歩く機種では無いと思っているので、使い勝手には影響は無いですね。

ポートがUSB-Cに統一

2015モデルにはあった、USB(A)やHDMI、Thunderbolt、SDカードスロットが全て廃止になり、USB-Cに統一されました。個人的には、MacBook ProにUSB機器やSDカードを刺すことが”まれ”だったので、ほとんど影響は無いですね。
⬇右ポート(上2018、下2015)

⬇左ポート(上2018、下2015)

あまり困っていないとはいえ、USB機器を使うこともあるからUSB-C to USBアダプタは購入しました。

Apple USB-C - USBアダプタ MJ1M2AM/A
  • Apple(アップル)
  • 価格   ¥ 2,258 ¥ 2,376 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック

総評

新しいMacはワクワクしますね!
2015モデルから比較すると、各種ポートがUSB-Cに統一されていたり、新しいキーボードが搭載されていたりと使い勝手に変化があるモデルです。
でも、筐体自体は2016、2017モデルで使われてきたので安定感があるモデルでもあります。
2015年以前のMacBook Proを持っている人なら、”買い”だと思いますよ!

 

follow us in feedly
         

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA