XSERVERで新サーバー簡単移行を試してみた

xserver01

2016年11月29日にXSERVERから最新サーバー環境(sv2001サーバー以降)へ簡単に移行できる「新サーバー簡単移行」機能提供のお知らせが来ておりましたので、Wordpressの当ブログを新サーバーへ移行してみました。

まず、新サーバーは以下のように案内されています。

最新CPUへの変更によるCPU性能の大幅な向上
最新I/Oデバイスへの変更によるI/O性能の大幅な向上
最大12倍(16GB→192GB)となる搭載メモリの大幅増強
カーネルやファイルシステムなどの基盤システムの高速化

また、新サーバーのサービスが一部変更されています。Wordpressを運営されている方にとって気になる点としては、MySQLやPHPのバージョンアップが変わる場合があるところでしょうか。
sv2001以降のサーバーのサービス仕様について

WordPressの現在の推奨PHPバージョンは5.6以降だったと思いますので、この機会にPHPのバージョンアップを検討してみてもいいのではないでしょうか。

手順はXSERVERのマニュアルにある通りに行いましたが、Wordpressの当ブログは問題なく移行出来ました。ネームサーバーの設定とか.htaccessの設定とかWordpressの設定とか色々触らないといけないと思ったら、あっさり移行できました。
新サーバー簡単移行 申請方法

手順を簡単に書きますと・・・

1.  データコピー申請をする。
2. XSERVERがデータコピーするまで1日程度かかる。
3.  移行元・移行先への操作から「ファイルマネージャ」「phpMyAdmin」を確認しファイルとデータベースが正しくコピーされたことを確認する。
4. データコピー実行ログ閲覧」から念のためログを確認する。
WordpressのMySQLホスト名も自動的に新サーバーに設定されます。
5.  hostファイルを変更し、新サーバーの動作を確認する。
ちなみにですが、Macの場合はFinderより移動、フォルダへ移動、/private/etc/を検索すると、hostsファイルが確認できます。ちょっとXSERVERのマニュアルは不親切ですね・・・。
hostsファイルを編集して確認する方法
6.  サーバー切り替えボタンをクリックする。
7.  ネットの世界で新サーバーに切り替えが進むのは1日程度かかる。

以上です。
速度的にはもともと軽いブログでしたので、あまり早くなったと感じませんがPageSpeed Insightsのサーバー応答速度では、0.4秒台から0.3秒台になりました。
Wordpressの接続ホスト名も自動的に新サーバーに設定してくれたり、ファイルやデーターベースもコピーしてくれたので、特別の事情がなければ移行した方がいいと思います。

DMM mobile データSIMプラン ライトのレビュー

img_8267

DMM mobile データSIMプラン ライトを契約してみましたので
気になる速度や使い勝手をレビューします。
⬇️DMM Mobile公式サイト
http://mvno.dmm.com/
img_8267

まず、使用目的としてはiPhone6sをサイクルコンピューター(通称サイコン)兼ナビとして自転車に取り付けて使う事を考えてます。
そのため、サイコンの地図表示やGoogle Mapの地図表示が出来ればいいため、通信速度は求めていません。いわゆる超低速でもいいから月額が安いSIMが手に入ればと考えました。
最強の自転車用iPhoneマウント【TiGRA Sport MountCase】
dsc01103

SIMの選定としては【簡単に手に入る】【料金が安い】です。
【簡単に手に入る】ですが、Amazonで販売しているSIMであればプライムに対応して入れば翌日には届きます。
【料金が安い】については、低速200kbps限定で比較してみるとDMM Mobileが最安でしょうか・・・。440円で低速であれ通信できるのは魅力的だと思います。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-13-09-28

DMM mobile データSIMプラン ライトはAmazonで販売しており、販売価格が安く、初期契約料金はかからないし、月額が安い。君にきめたっ!というわけですね。

ライトプランの最大通信速度は200Kbpsです。200Kbpsとは高速データ通信OFF時と同等の速度です。高速データ通信を利用する場合は追加チャージが必要です。3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。

パッケージは以下の通りです。
img_8270

説明書にある通り
DMMのアカウントを取得しAPNのプロファイルをダウンロードします。
⬇️プロファイル取得先
http://mvno.dmm.com/apn/index.html

あと、iPhoneやAndroidのアプリもあって、もし高速通信したい場合でもすぐに申し込みを行うことができます。私の場合はほぼ低速で使うのでほとんど使わないと思いますが、限られた1GBなどを使用している人は通信使用料が把握できる便利さがありますね。
img_8271   img_8272

iPhoneのサイコンアプリはCyclemeterを使っています。
iCloudを通して数MBのデーターベースを更新する場合はDMM Mobile SIMでは力不足ですが、ログを取りながら走るとか、Google Mapを使ってポタリングする程度なら低速の200kbpsでも普通に使うことができます。
⬇️iTunes Cyclemeter GPS
https://itunes.apple.com/jp/app/cyclemeter-gpssaikuringu-ranningu/id330595774?mt=8
img_8258

以上、DMM mobile データSIMプラン ライトのレビューでした。
限られた使用目的であれば快適に使う事ができるので、DMM Mobile SIMを検討してみてはいかがでしょうか。

 

最強の自転車用iPhoneマウント【TiGRA Sport MountCase】

dsc01099

TiGRA Sport MountCase for iPhone6sを使ってiPhoneをサイコン化してみました。
この自転車用iPhoneマウント・・・最強です!
TiGRA Sport MountCase for iPhone6s
iPhone7を買って余っていたiPhone6sを使ったので、SIMはDMM mobileを使用しました。
DMM mobile SIMについては次回記事にします。

dsc01074

パッケージ内容はこんな感じです。
iPhoneケース自体がマウントとなっています。
普段使っているiPhoneの場合は、毎回ケースを取付・取外ししないといけないので面倒ですね。
今回は余ったiPhoneを自転車専用として使うので、付けたままの予定です。
ちなみに、一番右は防水カバーです。
dsc01075

マットな良い質感です。
dsc01078

ケースとしてかなり出来が良い方だと思います。(マウント用の穴がありますが・・・)
もはやこのマット感のある素材そのままでケースとして販売して欲しいくらい・・・。
dsc01107

dsc01080 dsc01108

付属の防水カバーです。
取付すると若干タッチ操作がやりにくくなるものの、普通に操作できるレベルとなっています。
3Dタッチも可能です。
特に、充電用にLightningの穴が空いているのは良いですね!
dsc01085

dsc01086 dsc01088

自転車に取り付けする部分はこんな感じ。
自転車乗りの事を考えて(?)キズ防止にゴム製のクッションも付いています。
マウントの仕組みは公式の動画を見てもらうのが一番分かりやすいと思うので、後ほど紹介します。
dsc01091  dsc01095

自転車に取り付けてみました!
今まで様々なマウントを試してきましたが、このガッチリ感は最強です。
挟むタイプの物とかありますが、次元が違うガッチリ感。
ケース=マウントだからなせる技ですね!
縦方向と、横方向にも対応しているので使うアプリによって使い分けられそうです。
dsc01099

dsc01106
  dsc01105

最後に公式の商品紹介youtubeを貼り付けておきます。
マウントの固定方法とか分かりやすいので参考にしてみて下さい。

以上、最強の自転車用iPhoneマウントのご紹介でした!

 

プロバイダをかもめインターネットに乗り換えしました。

タイトル通りとなりますが、インターネットプロバイダを
【かもめインターネット】へ乗り換えしました。

今までは
法人仕様だったlivedoorプロバイダを使っていて
運営会社が変わりアルテリアネットワーク Qitへ
さらに、運営会社が変わりniftyとなっておりましたが
法人仕様だった頃のlivedoorプロバイダの劇的な速度も出ずに惰性で使っていました。

この2年ほど使ったプロバイダでしたが2016年10月31日でサービス終了ということで
新しい乗り換え先のプロバイダを探し回っていました。

叶えたい事は一つ!
「光ネクスト マンション・スーパーハイスピード 隼」なんだから
遅くとも50Mbpsくらいだせっ!って事です。

試してみたのは以下のプロバイダ(回線は隼のまま)

1.BIGLOBE下手したら1Mbpsすら下回る。サポートの扱いも最悪なプロバイダ。
2.インターリンク値段と速度で妥協点。遅くても10Mbpsくらいは出るか?って感じ。
隼を使ってるだけの速度を味わいたい人には不向きか。
3.かもめインターネットこのネット時代に申し込みまでの時間がちょっとかかる。
ping値が驚きの10ms。速度は安定して50Mbps程度は出る。

参考までに
—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2016/10/11 19:10:50
回線/ISP/地域:
————————————————–
1.NTTPC(WebARENA)1: 59.53Mbps (7.44MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 46.95Mbps (5.87MB/sec)
推定転送速度: 59.53Mbps (7.44MB/sec)

以上のような結果でした。
まだまだ使い出して日が浅いですし、マンションなので日によって速度は大幅に変わると思いますが
色々な速度測定サイトの結果を見るとかなり安定して早いプロバイダと言えそうです。
(ちなみに、広告とか関係なしに褒めてますよ!)

隼の限界速度を味わいたい私としては気にならないが
プロバイダだけで月額2,000円オーバーなのはネックか・・・。

何はともあれ、速度が出ないプロバイダで悩んでいる人は
一回試してみる価値のあるプロバイダです。

かもめインターネット
http://www.kamome.or.jp/
            

自転車で試し撮り!HDR-AS300レビュー!!!

DSC00719

ついにアクションカムに念願の光学手ぶれ補正が来ました!
2016年6月24日にSONYのHDR-AS300が販売されました。

今まで販売されたSONYのアクションカムを持っている人も多いと思いますが、光学手ぶれ補正はハンパないです!買い換える意味は十分にあると思います。とりあえずは、開封からどうぞ!

SONYのアクションカムは一世代前のFDR-X1000を持っていましたが、それに比べて小型になってます。
(4K対応とFullHD対応と違いがあるので正確には比べられませんが・・・)
その割にレンズ部は大型になっている印象があります。光学手ぶれ補正のためでしょうか?
特に防水ハウジングはレンズ部にエラが張っている感じでことさら大きく感じます。
DSC00719

防水ハウジングから取り外すとこんな感じ。
このサイズで光学手ぶれ補正内蔵で、FullHD対応ってすごい時代になりました。。。

DSC00720

バッテリーサイズは今までの機種と変わらずのようです。
ただし、FDR-X1000は後ろから入れるタイプでしたがAS300は側面からはめ込むタイプでした。
ボディーの剛性感は良好ですね。
DSC00722

microSDは下側から挿入します。
SONYらしくメモリースティックに対応しているみたいですね。
FDR-X1000からの乗り換えなのであまり気にならないですが、AS100からの乗り換えの人はボディーに直接三脚穴があるのはすごく嬉しいのではないでしょうか?
DSC00724

最後に撮影するためのマウントはこんな感じで装着しました。
REC-MOUNTSの【REC-B09-CNA】を使いました。
光学手ぶれ補正の威力と、画角Wideを使えばギリギリハンドルが写せるのでブレーキやシフトチェンジも写せる感じです。車体に取り付けるならこの位置が路面も見やすくて、ブレもなくていいのかなと思います。
DSC00725

最後にAS300の自転車での試し撮り!
きっと今までの機種を使ってきた人は光学手ぶれ補正の威力に感動できるのではないでしょうか。特に自転車車載の場合は細かい振動や、登りの時のハンドルのぶれがダイレクトにカメラに伝わっていたのにAS300は全く感じさせないのがすごいですね。
本当にオススメです!

オシャレなタワー型扇風機【山善スリムファンYSR-U901(W)】買った!

DSC00709

本日、6月1日・・・
みなさまも感じているかと思いますが、だんだんと暑さを感じるようになってきました。
今住んでいるアパートも日中となると日差しが強くエアコンをつけたくなります。。。

エアコンとセットでサーキュレーターを使って空気を循環させるのが
快適らしいということで、リビングに置いてもオシャレなサーキュレーターを探していました。

で、発見したのが【山善(YAMAZEN) スリムファン YSR-U901(W)】
DSC00707 (1)

ね!オシャレじゃない?
どいつだよ!って人のために・・・。
DSC00708 DSC00709

機能的には普通の扇風機と同じで
風量3段階、首振りのオンオフ、タイマー1H・2H・4Hって感じです。
DSC00710

リモコンも付いていて、使う分には不自由ない感じです。
オシャレでも機能面で使いにくかったらストレスたまりますもんね。
DSC00712

ちなみに、タワー型の扇風機はAmazonのレビューでうるさいと書かれていることが
多いように感じましたがこの製品はそうでもない(普通?)ように思います。
風量も強く感じますし、サーキュレーターとして使っても、直接身体に風を当てても
使えるので大満足です!

気になる方のご参考まで( ´ ▽ ` )ノ

アパートのシャワーヘッドを節水タイプ「タカギ シャワピタT」に替えてみた!

IMG_7575

賃貸アパートのお風呂は、新築アパートの割に設備はお安めで
追い炊きがないとか
浴室に温度調整のパネルがないとか
そのために、シャワーするときにお湯と水を混ぜて黄金比を見つけないといけないとか
そん感じでストレスが溜まってました・・・。

特にお湯と水を混ぜるのは毎回のことですし
ちょっとお湯を止めるだけで、お湯側も水側も両方止めるのは面倒でした・・・。
IMG_7573

ですが!
世の中いろいろと便利なものがあるものですね。
こんなものがありました!
止水ボタンありの、シャワーヘッド!
「タカギ(takagi)の節水低水圧/ハンドタイプ/シャワピタ(手元止水機能付き)」IMG_7575

元々ついているシャワーヘッドメーカーのほとんどに対応しているようなので
気になる方は是非チェックしてみてください。
IMG_7576

メーカーHP
http://www.takagi.co.jp/campaign/2014/shower/index.html

メーカーYoutubeの商品説明
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=MUJqVE0DZug[/youtube]

 

おしゃれな縦型トースター【±0 プラスマイナスゼロ XKT-V120】買った!

DSC00446

おしゃれなトースター買いました!
【±0 プラスマイナスゼロ XKT-V120】の縦型トースターです。
DSC00438

今までは普通の横に2枚食パンが置けるタイプのトースターを置いていたのですが、炊飯器や電子レンジなど他の家電を置いているとキッチン棚に収まらなかったんですよね・・・。
しかーし!探してみたら縦型コンパクトなおしゃれなトースターがあるではありませんか!
というわけで買ってみました!

DSC00440 DSC00442

まずは何と言ってもオシャレ!
そして、ちゃんと機能面も考えられている!
受皿がちゃんと付いていて、ピザとか小物もちゃんと焼けます。
パンくず受け皿も当然のことながら付いていてデザインだけのトースターって感じじゃありません。

DSC00447 DSC00443

サイズ感はこんな感じです。
キッチンに置いてある家電にもよると思うんですが、このサイズ感って結構良くないです?

スクリーンショット 2015-12-27 22.17.33

DSC00450

機能面的にはデジタル式のタイマーで10秒毎、もしくはちょっと長押しで1分間隔で30分までトーストできます。ただ基本的には食パンやパンを焼くだけなら3分固定で、毎回パワーとスタートを押すだけで楽チンですね。パンを1枚焼くときは上だけをオンにできるスイッチもあります。

DSC00441 DSC00444

皆様いかがでしたでしょうか?
コンパクトに置けて、オシャレで、機能的なトースター。これオススメです(^ ^)
メーカーHP http://www.plusminuszero.jp/products/detail/52

DSC00446

±0 プラスマイナスゼロ オーブントースター縦型(ホワイト) XKT-V120(W)
±0 プラスマイナスゼロ
売り上げランキング: 78,097

iPhone6Sローズゴールド × AppBankの赤バンカーリング

DSC00430

いつの間にやらもう年の瀬、、、ですね。
ブログ更新もたったの5回程度で、来年はもうちょっと頑張りたいなーなんて思っていたりします。

というわけで、思い立ったが吉日というわけで【AppBankの赤バンカーリング】のご紹介を。
と言っても、写真一枚だけですが
iPhone6SローズゴールドとAppBankの赤バンカーリングの組み合わせが美しい!
現在はAppBankからローズゴールドカラーのバンカーリングが出ているようですが
赤色もオススメです。

DSC00430

iPhone6Sを前にApertureから写真.appへ乗り換え

スクリーンショット 2015-09-23 12.34.00

こんにちは。
お久しぶりです。

iPhone6Sの販売が目前となって参りました。
私はiPhone6S 64GB ローズゴールドをdocomoさんで予約中です。
まだ連絡がないので手元に来るまでは少し時間がかかりそうです。

で、iPhone6Sに一番期待している機能として僕は
「LIVE Photos」なんですよね。
そう、写真撮った瞬間の前後1.5秒ずつを動画で撮ってくれる機能のヤツ!
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=yTlhKWRRHG8[/youtube]

これは・・・間違いなくApertureが対応出来ない(;´∀`)
たぶん、動画ファイルと静止画ファイルを連結して再生してるだけだと思うのですが
Apertureから見たら、動画ファイルと静止画ファイルバラバラで取り込まれる悪寒。。。

Live Photos APIも公開されるとの事でAdobe Lightroom CCも対応するのでしょうけど
写真編集をゴリゴリするわけではないので、ここで腹を決めて。。。
Apertureから写真.appへ乗り換え!

すでにいくつか不満も・・・。
①一括で補正(WBとか、自動最適化とか)が出来ない
②iCloudフォトライブラリに余裕で収まらない。・゚・(ノД`)・゚・。
③キーワードとか、位置情報とかのEXIF管理がしにくい

などなど、色々ありそうだけどiPhone6Sのためと思って使ってみます・・・!
スクリーンショット 2015-09-23 12.34.00