Tacx社製タブレットホルダーとiPadでお手軽Zwift環境構築!


新型コロナウイルスが猛威を奮っており、外出自粛の中でも快適手軽にロードバイクでトレーニングができるように「Zwift」環境をiPadで構築してみました!
今まではパソコン(MacBookPro)を使っていたのですが、最近になって、Tacxからロードバイクに最適なタブレットホルダー「Tacx Brackets for tablets」が販売されている事を知って、iPad中心のお手軽Zwift環境を紹介します。

タブレットホルダー 「Tacx(タックス) Brackets for tablets」

今までMacBookProとニトリの三脚を使っていましたが、これがまたセットアップが面倒くさい😭広いお家をお持ちの方なら、Zwift用の部屋に大きなモニターを置きっぱなしとかできるのかもしれませんが、我が家では邪魔になるため、毎回、セットアップしては片付けしていました。

それが、この「Tacx Brackets for tablets」ならロードバイクに直接iPadをマウントできるようなので、テンション上がって即購入!

created by Rinker
タックス(Tacx)
¥7,597 (2020/08/06 00:56:56時点 Amazon調べ-詳細)

早速取り付けしてみました。僕が思い描いたとおりのマウント具合!

ロードバイクに乗っているところからはこんな感じに見えます。
ちょうど視線を少し落とした先にiPadの画面があるので、かなり見やすいです。

画面の角度の調整幅が大きいので、初心者などの身体を起こし気味の姿勢から、前傾姿勢でも見やすい位置にすることができそうです。

地味にボトルが置けるくぼみがあります。

Apple純正のSmart Folioケースに入れた状態で、iPad Pro 11がちょうど入る感じです。
Smart Folioケースの場合はすぐに外す事ができますが、若干の厚さであれば、ケースに入れたiPadでも設置できそうです。

調整はねじ止めで行えます。剛性感がありしっかりマウントできます。

ロードバイクのハンドル固定部分。
左右2箇所の接合部があり、下のグレーのパーツで全体を支える構造になっています。これが良くできていて、一般的な”締め上げる”マウントのように、使っているうちに、振動で垂れ下がるといった事は無いですね。
ハンドルのパイプの厚さは「26.0mm」「31.8mm」「35.0mm」に対応しています。楕円形などのエアロハンドルには不向きですね。(使えるかもしれませんが…)

最後に私が使っているZwift関係のアイテムを紹介します。
全てを集めるとちょっと高いけど、自宅で安全にロードバイクに乗れてトレーニングができるようになるので、新型コロナウイルスの外出自粛の現況のみならず、全てのロードバイク乗りにおすすめできます!

created by Rinker
タックス(Tacx)
¥176,100 (2020/08/06 01:03:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タックス(Tacx)
¥7,597 (2020/08/06 00:56:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タックス(Tacx)
¥3,280 (2020/08/06 01:28:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
WAHOO(ワフー)
¥14,500 (2020/08/05 13:06:05時点 Amazon調べ-詳細)

ご参考まで!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です