個人的には神アプリ「価格.com購入履歴」

ネットショッピングをよく使う私としては神アプリ「価格.com購入履歴」のご紹介っ!

公式HP 価格.com購入履歴

https://kakaku.com/rireki/

公式HPにも記載されているように
どこの通販サイトで買っても、お買い物情報が自動的にまとまる」アプリです。
自分の場合だと⬇️のようなかんじ。

このような感じで「いつ、どこの通販サイトで、いくら」買ったのかが丸わかり😦
後で見返してみると、かなりネット通販(主にAmazon)を利用しているなと感じます💦
なお、対応しているサイトはかなり多く、私が利用しているサイトはほとんど対応しているように思います。

対応を確認したサイト

  • Amazon
  • 楽天市場
  • ヤフオク
  • LOHACO
  • ZOZOTOWN
  • SONY Store
  • Apple Store (約80の通販サイトに対応しているようです)

配送予定も確認できる!

地味に便利な機能として、配送予定日にiPhoneで通知してくれる機能があります。
意外と配送予定日って忘れがちなので、当日の朝に通知してくれると、配送時間に外出して受取できなかったといった事が無くなって、便利ですね。

プライバシー的にはちょっと微妙・・・

この「価格.com購入履歴」アプリですが、仕組みがプライバシー的にはちょっと微妙。
というのも、これ受診しているメールを解析して、自動的に購入履歴をまとめています。

わたしは、Gmailを使っているので、つまり・・・Gmailの閲覧を含む権限を付与しています。人の目が入ることはなく、機械的に閲覧されるだけではあるのですが、なんとなく全てのメールを見られるという感覚だけは、少し気持ちが悪いですねぇ・・・。

とはいえ、個人的には久しぶりにブレイクスルーな神アプリ❗️
気になる人はお試しあれ!

スマート体重計 【Withings Body +】VS【OMRON HBF-256T】

スマート体重計の定番【Withings Body +】【OMRON HBF-256T】の2機種比較!

2018年12月頃、2019年の目標を「運動すること」そして「心身ともに健康であること」としましたので、その目標を達成するために、まずは自分の身体の状態を知ろう!ということで、スマート体重計を探していました。
候補に上がったのが、Withings Body +とOMRON HBF-256T
どちらが良いのか分からなかったので、結局、両方購入しました😂

1. 比較表【Withings Body +】【OMRON HBF-256T】

まったくの主観ですが、比較表を作ってみました。
結論からいうと、どちらも大差ありません。
しかしながら、今使っているのはWithings Body +理由は後述します。

2. 価格・見た目

まずは、価格と見た目についてです。
価格は2019年2月11日時点では、若干Withings Body +の方が安いです。ただ、2,000円以内の差なので、ほとんど変わりはない印象です。
また、見た目についても好き嫌いはあると思いますが、どちらもスマートでほとんど変わりがありません。(色もブラックとホワイあり、OMRONはレッドのラインナップあり)

3. 正確性・計測スピード

体重計として重要な、正確性と計測スピードはOMRON HBF-256Tの方が優れています。やっぱり日本製!を感じさせますね。

OMRON HBF-256Tは50g単位で測れますので、日々、少しの変化を感じられるので、減量に励んでいる方には強力な味方になるのではないでしょうか。また、計測スピードも早く、3秒〜4秒(体感では乗ってすぐ!)で体重や体脂肪、骨格筋率まで計測できます。

対して、Withings Body +がダメか?というとそうでもないと思います。200g単位でしか測れませんが、長期スパンで体重管理するのであれば、十分すぎるほどの精度だと思います。(ちなみに、1ヶ月両方の機種で体重を測りましたが、OMRONと同等の数値がでます)

細かい使い勝手ですが、OMRON HBF-256Tは計測開始と計測終了時に「ピッ」となります。Withings Body +は全く音が鳴らないため、いつ計測が終了したのか分からないのが、少し難点。
Withings Body +はOMRONに比べると、体脂肪が少し低めに測定されやすく、数値の変動が大きいような気がします。わたしは、体脂肪率は参考程度にしかしていませんが、気になる人はいるかも。

4. スマホアプリ連携・使い勝手

みなさまが一番気になっているであろう、スマホアプリとの連携・使い勝手を比較してみます。
どちらもiPhone、Androidに対応したアプリがありますが、わたしはiPhone Xを使っているので、iPhoneアプリの使い勝手について比較します。(Androidアプリも同様の出来だと思いますが・・・)

Withings Body +(Health Mateアプリ)

OMRON HBF-256T(OMRON connectアプリ)

アプリの見た目の好き嫌いはあるにしても、どちらも大差ないと思います。
どちらかといえば、私はWithings Body +のHealth Mateアプリの方が好み。

ただ、スマホアプリ連携には大きな違いがあります!
OMRON HBF-256TのOMRON connectアプリは、Bluetooth連携。
Withings Body +のHealth Mateアプリは、Wi-Fi連携。
ここが大きな違いがあって、BluetoothであるOMRON HBF-256Tの場合は、スマホアプリを起動し自分からデータを取りに行かなければなりません。
しかし、Withings Body +の場合は、Wi-Fiで繋げていれば自動で体重データをクラウドにアップロードしてくれて、アプリを起動した時にはすでにデータがある状態で見ることができます!

この使い勝手の差は、雲泥の差Withings Body +が圧勝だと思います。
(簡単に言うと、機器の近くに行ってBluetooth連携するなんてやってらんねぇ😛)

細かいことを言うと、家族2人以上で使う場合の判別(近い体重の人が家族にいる場合)はOMRON HBF-256Tの方が優れていると思います。OMRON HBF-256Tは体重と体脂肪(?)まで測った上で、誰が体重計に乗っているのか?を判定しているようですが、Withings Body +は体重のみで判定しているようです。
OMRON HBF-256Tでは、間違った判定されることはほとんどありませんでしたが、Withings Body +では、ほぼ”毎回”わたしなのか、家族なのか画面に表示されます。(右か左かに荷重を乗せて自分の名前を選ばないといけません)Wi-Fi連携できるWithings Body +の方が使い勝手は良いのですが、この点は改良してほしいと思うところ。

5. 設定のしやすさ

スマホアプリとの連携の設定など、全体の設定のしやすさはOMRON HBF-256Tが簡単でした。日本製なだけあって、丁寧にアプリ上で説明してくれるので、誰でも簡単にスマホアプリ連携できるようになると思います。
Withings Body +少し不親切でした。どのように設定したのか、1ヶ月前なので忘れてしまいましたが、家族2人などで使う場合の設定に、手間取った記憶があります。(ただ、普通にiPhoneを使いこなすようなITリテラシーのある人なら、当然、設定できると思います)

6. 特筆事項

最後に、OMRON HBF-256Tだけの欠点・・・。
と言いますか、わたしが使う上で問題があった点が一つ。

足汗💧が多い人は、OMRON HBF-256Tのタッチパネルが誤作動を起こすということ。
どういうことかと言うと
通常は『乗る → 体重測定 → 個人判定 → 降りる → Bluetooth連携』となります。
足汗💧が多い人の場合『乗る → 体重測定 → 個人判定 → 降りる → 誤作動で右(もしくは左)を押したことなる → 個人ナンバー2が選択される → Bluetooth連携』となり、自分の計測が家族の体重として連携されてしまいます!(なんじゃそりゃ!)

家族は問題なく計測できて誤動作もしていないため、足汗💧が多い私だけの問題(とほほ)
とはいえ、OMRON HBF-256Tのタッチパネルの精度が悪いとも言えますので、これは改善してほしいと思います。(全体的な使い勝手は肉薄しているので、OMRONさんには頑張ってほしい)

7. 総評

私の場合は、Withings Body +を使い続けていくことにしました!
といっても、OMRON HBF-256T(私には難ありですが・・・)も十分に使い勝手の良いスマート体重計なので、どちらを選んでも後悔はないと思います。
以上、参考になれば幸いです。

【メンズきれいめ】ZOZOTOWNおまかせ定期便を試してみた!【4回目】

ZOZOTOWNのおまかせ定期便、2ヶ月に1回の楽しみ!
今回は4回目のアイテムレビューをしたいと思います!

4回目に届いた商品!総額 79,596円

1回目が66,852円
2回目が63,456円
3回目が41,720
今回は今までで最高額の79,596円でした!
(今回からおまかせ定期便に新しいオプション【予算感】が増えました。後述します)

商品構成は以下のとおりでした。
・ニット 2枚
・コート 1枚
・パンツ 1枚
・靴 1足
今まで届いたアイテムと比べると、靴とコートの単価が高いですね。

UNITED ARROWS/グレーイージーパンツ/M/¥9,720(40%OFF)

1点目はUNITED ARROWSのチェック柄イージーパンツ。
僕はトレンドというものをあまり気にしていませんが、取り入れられるのならGood👍ベルトをつけないパンツなので、気軽に着ることができます。

tk.TAKEO KIKUCHI/ブラック/02/¥20,520

2点目はtk.TAKEO KIKUCHIのチェスターコート。
春用の軽めのチェスターコートは持っているのですが、冬のメルトン素材で作られたチェスターコートは初めて試着しました。個人的に、長めのコートはオシャレ上級者アイテムだと思っていて、あまり手に取りませんでしたが、試着すると着まわししやすそうに感じました。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS/オリーブ/MEDIUM/¥12,960

3点目はBEAUTY&YOUTHのオリーブ色のニット。
ふわふわのワッフル編みで、暖かさを感じる素材感です。無地ですし、コートやダウンなどのインナーとして活躍しそうです。ちなみにこれ、ZOZOのお気に入りに入れていたアイテムでした。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS/ワイン/MEDIUM/¥8,316(30%OFF)

4点目はこれまたBEAUTY&YOUTH UNITEDのワイン色のニット。
ちなみに、これもZOZOのお気に入りに入れていたアイテム
正直、ZOZOお気に入りに入っているアイテムを送るのは反則だと思いました。確かに、お気に入りに入れているとはいえ、ZOZOおまかせ定期便に期待しているのは”普段とは違うファッション”な訳で、コーディネーターさんこれはちょっと違う😤

New Balance/グレー/25.5cm/¥28,080

5点目は、New Balanceのグレースニーカー。
10,000円以内のスニーカーが多い中で、28,080円はかなり高い部類なのではないでしょうか。スニーカーだけど、天然皮革を使っていて大人らしいスタイルになるのかなと。ちょっとだけサイズが合わなかったので、今回は返品しますが、今度お店で試してみようと思いました。

試着!

今回の購入アイテム!

今回は”お気に入りに入れているアイテム”が2点入っているというサプライズ(?)
ZOZOには「お気に入りに入れているアイテム」を、安直におまかせ定期便に入れて欲しくないなと思いました。
ZOZOで2点ほどニット系アイテムを買っていましたので、今回はUNITED ARROWS/グレーイージーパンツ/M/¥9,720(40%OFF)のみ購入しました!(安かったですし!)

今回から「予算感」のオプションが追加

ちなみに、今回から「予算感」のオプションが追加されていました。
(気付いた時にはあったので、ここ1〜2カ月で追加されたのかも?)
デフォルトでは「¥70,000」になっていましたが、次回から「¥100,000」にしてみました🤗
乞うご期待❗️

以上、ZOZOTOWNおまかせ定期便の”きれいめ”4回目のレビューでした!

当サイトを常時SSL化しました

昨日(2018/12/22)に作業したのですが、当サイトを常時SSL化しました。
XSERVERを利用しているのですが、XSERVERでは無料独自SSLが使えますので、“無料で簡単”にSSLが導入できるので、使わない手はないと思います。

独自SSLについて | レンタルサーバー【エックスサーバー】
https://www.xserver.ne.jp/functions/service_ssl.php

一昔前は、WordPressブログを常時SSL化にするにはネット上でのノウハウが足らず、自力でトラブル対応しないといけないとか、SSLにすると広告収入が下がるとか、SEO的に実は良くないだとか言われていたような気がします。
ところが今は、豊富なネット情報、googleのSSLサイト優遇がありほとんどリスクも無く、WordPressブログを常時SSL化できる時代になったと思います。

自己満ですが、WordPress管理画面に入った時にChromeで”保護されていない通信”と表示されていたのが、”🔒”マークになっただけで大満足です😊

ちなみに、XSERVERのWordPressブログの常時SSL化にあたり、参考にしたサイトは⬇️のとおりです。
ありがとうございました。
https://naifix.com/xserver-ssl/

【レビュー】理想のハートレートセンサー Wahoo TICKR FIT!

乳バンド(胸につけるハートレートセンサー)なんて絶対に着けたくない! 
そんな僕にとっての理想のアームバンドハートレートセンサー「Wahoo TICKR FIT」が届いたのでレビューします!

Wahoo TICKR FITハートレートアームバンド、Bluetooth/ANT +
  • WAHOO(ワフー)
  • 価格   ¥ 10,050
  • 販売者 ちゃりんこ王国
今すぐチェック

「Wahoo TICKR FIT」は大人気商品みたいで、Wahoo公式Webサイトでも常に在庫切れで(2018/11/25現在)、なかなか手に入りませんでしたが、Amazonで注文してから1ヶ月でやっと届きました!
⬇️参考:Wahoo 公式Webサイト
https://jp.wahoofitness.com/devices/heart-rate-monitors/tickr-fit-optical-heart-rate-monitor

開封!

特別書くこともないんだけど、短いバンドと長いバンドが入ってます。
僕の場合、短いバンドだけで手首・前腕・上腕すべて装着OKでした。
(前腕は少しギリギリかな?長いバンドは欧米人サイズな気がします)

あと、充電器はApple Watchのような磁石でピタッとくっつくタイプ。
金属の充電端子が見えてるから、汗が付いた状態で充電始めたらショート⚡️しそうな気がするけど、まぁ、、、大丈夫なんでしょう。

光学式のハートレートセンサー

裏面のセンサーはApple Watchと同じ光学式を採用。
ちなみに、いわゆる乳バンドタイプのハートレートセンサーは心電式。
今までは心電式と光学式を比べたら、心電式の方が精度が高いと言われていたんだけど、「Wahoo TICKR FIT」の売り文句が”究極の精度”ということだから、光学式センサーの技術革新でもあったんでしょうか?

装着イメージ 手首・前腕・上腕

僕がZwiftなどの室内トレーニングで着ける位置はここ!手首!
特に圧迫感を感じなくて、すごく快適な装着感です。
手首だと、光学式のハートレートセンサーの精度が心配でしたが、まったく問題なく使用できています(心電式と比較したわけではないけど・・・)

僕は着けないけど、「Wahoo TICKR FIT」の公式イメージ画像でも使われている前腕!
おそらく、手首よりも精度が高く心拍数を計測できる位置だと思われます。
でも、前腕ってグッと力入れる時に筋肉が動くから、圧迫感を感じやすくて苦手です💧

たぶん、室外を走る時に着けるだろう上腕!
室内トレーニングの時は手袋も着けないし、日焼け対策のアームカバーも着けないから手首で良いんだけど、室外の時は手袋・アームカバーの邪魔にならない上腕がベストかなと。

Zwift上での心拍数表示

心拍計の導入を決めたZwiftでの表示はこんな感じです。
Zwiftで心拍計があると
・最上級Zwiftレースで公式結果として認められる(僕には関係ないけど・・・)
・自分にとって最適なケイデンス数が分かる(90で回すより、85の方が心拍が低い)
・トレーニングの負荷が心拍数から、目で見て分かるようになる

こういったメリットがあるでしょうか。
「Wahoo TICKR FIT」はBluetoothとANT+に対応しているので、特にZwift向きかなと思います。

ZwiftからStrava連携して、アナリシスパックが極上体験

ZwiftからStrava連携している人は多いと思うのですが、さらにStravaのアナリシスパックを利用すると、心拍数データをより活用できます。
⬇︎参考:Stravaアナリシスパック
https://www.strava.com/summit/analysis-pack

アナリシスパックは月額300円かかりますが、心拍数データを活用して「負荷が良いトレーニングだったのか」が一目でわかるようになります。
個人的に活用しているのが、「Fitness & Freshness」機能
きついトレーニングをするほど、フィットネスの値が上がっていくようになっています。ちなみに、一般人レベルでは、どれくらいまで値が上がるのか分からないのですが、100ぐらいまで上げれば”かなり上等”みたいです。

また、「ワークアウト分析」機能で心拍数やケイデンスの推移がグラフ化されます。
これで、ケイデンスは90より85の方が心拍数が低めになっていて、「自分にあっているケイデンスは85かな?」とか、分かったりします。

以上、理想のアームバンドハートレートセンサー「Wahoo TICKR FIT」のレビューでした!

Wahoo TICKR FITハートレートアームバンド、Bluetooth/ANT +
  • WAHOO(ワフー)
  • 価格   ¥ 10,050
  • 販売者 ちゃりんこ王国
今すぐチェック

【メンズきれいめ】ZOZOTOWNおまかせ定期便を試してみた!【3回目】

ZOZOTOWNのおまかせ定期便を頼んだのが、2018年6月23日(土)
今回は3回目のアイテムレビューをしたいと思います!

3回目に届いた商品!総額 41,720円

1回目が66,852円
2回目が63,456円
今回はいつもよりちょっと総額が下がって41,720円でした。

商品構成は以下のとおりでした。
・クルーニット 1枚
・デニムシャンブレーシャツ 1枚
・ブルゾン 1枚
・チノパン 1枚
・靴 1足
1回目が5点、2回目が7点でしたので、今回アイテム数が少ないというわけでもなく、全体的に価格帯が安めな構成な感じです。

adidas/STANSMITH/スニーカー/ロイヤルブルー/26cm/¥15,120

1点目はadidasのスニーカー。
adidas originalと銘打っているだけあって、普遍的な形でいつ見ても飽きないスニーカーだと思います。今回の黒チノパンにはすごく合っていてグッドチョイスだと思いました👍

B:MING by BEAMS/チノパンツ/ブラック/MEDIUM/¥8,964

2点目はB:MING by BEAMSのブラックチノパン。
細めシルエットだけど、ストレッチの高い生地を使用していて履きごごち抜群です!個人的なことを言えば、デニム素材やベージュ系のパンツは持っていたけど、ブラックは今まで無かったので、新鮮に感じました。

COMME CA ISM/ブルゾン/ネイビー/MEDIUM/¥6,372

3点目は少し肌寒い時の味方!ブルゾン!
とりあえず、ブルゾンを羽織っておけば形になって便利アウターだと思います😆値段がかなり安いのに、着心地もしっかりしていて良いアイテムだと思います。

green label relaxing/クルーニット/オフホワイト/M/¥5,972(30%OFF)

4点目は白のクルーニット!
自分では絶対に選ばない”白ニット”。家でじっくり試着できて、ある意味おまかせ定期便に入れてくれてすごく嬉しい😏

BACK NUMBER/デニムシャンブレーシャツ/インディゴブルー/M/¥5,292

5点目はBACK NUMBERのデニムシャンブレーシャツ!
デニムかと思っていましたが、和紙(?)素材のようで、たしかに普通のデニムシャツに比べたら色落ちの幅が多く、綺麗な色落ち加工です。

試着!

それでは3回目のアイテムをじっくり自宅で試着します!
普段、自分では選ばないアイテムを試着できるのは、おまかせ定期便の一番のメリットですね。

今回の購入アイテム!

今回は自分では絶対に選ばない(試着もしない)白ニットが入ってたり、楽しみのあるおまかせ定期便でした。その中で今回僕が選んだのは、B:MING by BEAMS/チノパンツ/ブラック/MEDIUM/¥8,964。

白クルーニットは買おうかどうか悩みましたが、シルエットは良かったものの、少しチクチクする素材だったので今回は購入に至りませんでした。

もう1点、すごく悩んだのがadidasの白スニーカー。黒か白のスニーカーが欲しいと思ってたところに届いた定番スニーカーで、買っても良かった。。。けど、どうせならお店に行って黒も白も、そのほかの形のスニーカーも履いて見たいと思ったので購入せず。おまかせ定期便では確かに購入しませんでしたが、近日中にはスニーカーは買うと思います😉

3回目のおまかせ定期便は、新しい提案欲しいと思っていたアイテムの再確認ができたように思います。
以上、ZOZOTOWNおまかせ定期便の”きれいめ”3回目のレビューでした!

Zwiftやるために、Tacx Neo Smart買いました!

Zwiftやるために、超高級(?)スマートトレーナー
Tacx Neo Smart T2800買いました!(笑)

Wiggleなどで輸入したとして、175,000円(2018/10/14現在)
▶️http://www.wiggle.jp/acx-neo-direct-drive-スマートトレーナー/

Amazonなどでは、およそ178,000円〜190,000円ぐらいで推移している感じでしょうか。
僕は”欲しい!”と思った時にはすぐに手に入れたいタイプなので、少し高かったのですがAmazonから購入しました。(Wiggleなどでは2週間〜1ヶ月ほどかかるようなので・・・)

Tacx(タックス) Neo Smart 2088000000181
  • タックス(Tacx)
  • 価格   ¥ 163,890 ¥ 205,200 prime
  • 販売者 サワディーストア
今すぐチェック

セットアップしてみた感想としては
・音が非常に静かで、マンションで使っても(おそらく)問題ない
・Zwiftを使ったERGモードが非常に優秀で、トレーニングとしては外より効果的
・てか、とりあえずTacx Neo Smart買っとけば?
っていう感じです。
スマートトレーナー2強であるWahoo KIKERという選択肢もありますが、Youtubeやレビューを見る感じだと静かさという面では、Tacx Neo Smartが絶対的に有利だと思います。

普段の練習ではこんな感じでZwiftをやっています。
目に見える範囲では、Tacx SmartカバーMacBookProを置いているニトリの脚立

自宅でのローラー台だと、尋常ではないくらい汗💧をかくので、ハンドル周りやロードバイクのフレームに塩害が起きないように保護する必要があるみたいです。
そのために、Tacx Smartカバーを買いました。普通に使い勝手が良いと思います。

Tacx(タックス) SWEAT COVER
  • タックス(Tacx)
  • 価格   ¥ 2,370 ¥ 2,916 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック

あと、脚立として使っていましたが、MacBookPro置いたらぴったりだったニトリの脚立。Zwiftは基本的に画面を見ながら走るものなので、目の前にいい高さでモニターを置かなければいけません。
Wahooからスマートトレーナー用の専用品もあるけど、30,000円もする高級品だったので購入は断念。当面はこのニトリの脚立で走ろうと思います。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/Chair/SimpleTableChairStool/8720146s?ptr=item

 

🔽ちなみに、Wahooのスマートトレーナー用の専用品

防音マットも購入しました。
Tacxから純正品も出ていますが、どんなものでも良いと思ったのでMINOURA購入
ふにゃっふにゃのマットで、クリートの跡がついてもすぐ元どおりになるスグレモノ。
マンション住まいとしは、”防音””汚れ防止、塩害防止”で必須かなと思います。

MINOURA(ミノウラ) トレーニングマット4 TM4 ブラック
  • ミノウラ(MINOURA)
  • 価格   ¥ 3,500 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック

こんな感じで、Tacx Neo Smartを購入してから、Zwift生活を満喫してます(笑)
ロードバイクで外を走るのは楽しいんですけど、快適に走れる自転車道まで危なかったり、寒かったり、暑かったり・・・。
少しロードバイクに乗る機会が減っていましたけど、Tacx Neo Smart買ってZwiftするようになってから、ロードバイクを必死に漕ぐ楽しさを再発見しました😂
来年、しまなみ海道走りに行こうと思っているので。それまでトレーニング👍

2018/11/25追記
Zwift用にアームバンドハートレートセンサー「Wahoo TICKR FIT」買いました!
Tacx Neo Smartとこれさえあれば、とりあえずZwiftは完璧に楽しめると思う。

【レビュー】理想のハートレートセンサー Wahoo TICKR FIT!

Wahoo TICKR FITハートレートアームバンド、Bluetooth/ANT +
  • WAHOO(ワフー)
  • 価格   ¥ 10,050
  • 販売者 ちゃりんこ王国
今すぐチェック

【メンズきれいめ】ZOZOTOWNおまかせ定期便を試してみた!【2回目】

ZOZOTOWNのおまかせ定期便を頼んだのが、2018年6月23日(土)
6月30日に1回目が届き、2ヶ月後の8月30日に2回目が届きました!
今回は2回目の【メンズきれいめ】のアイテムを紹介しようと思います。

メンズ・きれいめ・お値段おまかせ(オーダー内容)

おまかせ定期便を頼んだ時の概要は以下のとおりです。
・きれいめ
・お値段は全ておまかせ

自分のスペックは以下のとおり
・30代男性
・170cm
・60kg

2回目に届いた商品!総額 63,456円

1回目に届いた商品の総額が66,852円でしたので、同じような価格帯で届きました。

商品構成は以下のとおりです。
・Tシャツ 1枚
・ポロシャツ 1枚
・長袖シャツ 2枚
・スラックス 2枚
・靴 1足
スラックス2枚と、長袖2枚で着まわししてくれと言わんばかりの構成ですね。
ポロシャツは残暑に着る用として入れてくれたのかな?

KRIFF MAYER/ネイビー/MEDIUM/¥5,292

1点目はKRIFF MAYERのネイビー色のシャツでした。
秋らしい温かみのある生地でTシャツ1枚にこれを羽織ればどこでも行けそう。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS/ダークグリーン/MEDIUM/¥12,960

2点目はBEAUTY&YOUTHのスラックス。
かなーり色とか形は好みなんですけど、そこそこウエストが大きかった💧
(これってもしかしてZOZOSUIT基準のサイズで選ぶよりも、おまかせ定期便に記入した”いつも着るサイズ”基準で選ばれていない?)

green label relaxing/イエロー/MEDIUM/¥2,106(50%OFF)

3点目はTシャツ!しかも今回初めてセール品(50%OFF)商品が入っていました。
ゆったり着回す形だと思うのですが、スラックスに続きサイズ大きすぎ!

B:MING by BEAMS/グレー/MEDIUM/¥8,532

4点目は柔らかいガーゼ素材のシャツ。 B:MING by BEAMSはたまに購入するブランドなので安心感もあります。

LACOSTE/ブラック/MEDIUM/¥14,040

5点目はLACOSTEのポロシャツ!
あまりに定番でポロシャツといえば、FRED PERRYかLACOSTE(だと思っている)
季節的には夏の終わり頃なので、ポロシャツを買う時期としては遅いかなー🤔

B:MING by BEAMS/ベージュ/8inch/¥12,960

6点目はB:MING by BEAMSのスエード素材のスリッポンでした。
シンプルな形で【きれいめ】に着るならすごく良い靴だと思います。
ただーし!サイズが小さすぎて履けませんでした!
靴はブランドによってサイズ感が全く違うため、選ぶのが難しいのかも。
足版ZOZOSUIT」が望まれます。

REGIEVO/オフホワイト/MEDIUM/¥7,560(30%OFF)

7点目は白パン!
個人的には、白パンは絶対履かないアイテム。試着してみてすごく新鮮でした。
細身の形で好みですが、結構生地が薄くてパンツが透けそう・・・💦

今回の購入アイテム!

今回はTシャツ、スラックス、靴のサイズが合わなく試着イメージを撮影していません😭
今後、ZOZOSUIT計測データの充実によりZOZOTOWNのサイズ感がより正確になることを期待したいですね。

ちなみに、今回購入アイテムはLACOSTE/ブラック/MEDIUM/¥14,040にしました!
すごく定番商品で購入する時期としては少し遅いのですが、サイズ感がすごくフィットして、ポロシャツは何枚持っていても困らないかなと思ったので購入しました。

アイテムの選定としては、人生初めて”白パン”を試着できたのが面白かったです!透けやすい素材で購入には至りませんでしたが、今度お店に行った時は白パンも試してみます。

以上、ZOZOTOWNおまかせ定期便の”きれいめ”2回目のレビューでした!

MacBook Pro 2018(15インチ)トラックパッドの反応悪い?

MacBook Pro 2018(15インチ)を買ったんですけど、トラックパッドの反応が悪い場所があります・・・😭

1台目購入した時に「トラックパッドの反応が悪い場所がある」とAppleに相談したところ、新品交換してもらったのですが、2台目も全く一緒の位置です💧

個人的には、良くクリックする場所なためすごーく気になります。
(といいますか、これが仕様なら耐えられないレベル)

みなさまのMacBook Pro 2018のトラックパッドはどうでしょうか?

【レビュー】15インチ型MacBook Pro 2018を購入!Mid 2015からの買い替え!

15インチ型のMacBook Pro 2018モデル買っちゃいました!

なんの前触れもなく発表されたMacBook Pro 2018モデル。
15インチ版MacBook Pro Mid2015モデルを持っていたので、およそ3年経ち、買い時を探していた時なので、第8世代 Intel 6 coreプロセッサー、True Toneテクノロジーの響きにやられて即購入🤣

私が購入したモデル

15インチMacBook Proの下位モデルを、カスタマイズで512GB SSDにしただけ。

外観自体は、Touch Bar搭載モデルの2016年、2017年モデルと変わらないようなので、Mac好きな人なら家電量販店やApple Storeなどで見ている人も多いのではないでしょうか。
私が持っている2015モデルと比較すると・・・
・Touch Barが搭載された
・バタフライ構造の新型キーボード
・体感でも薄く、軽くなった
・HDMIやUSB(A)SDカードスロットがなくなり、USB-Cに統一された
など外観上の変更点もあって、久しぶりのMacにワクワクします!

個人的に購入動機になった機能的なトピックス
・第8世代 Intel 6 core プロセッサー
・より故障しにくく静かになった新型バタフライ構造キーボード
True Tone テクノロジー搭載ディスプレイ

他にも、32GBメモリが積めるようになったとか、Hey Siriが使えるようになったとかあるのでしょうけど、プロではなくただの素人なので普通に使えれば十分!

第8世代 Intel 6 core プロセッサー

ついにMacBook Proにも6 coreプロセッサー搭載!
あまりCPUパワーが必要な事はしないけど、早いに越した事はない。
Geekbench 4でMacBook Pro 2018と2015を比べてみたら、50%以上速度アップ!

⬇Geekbench 4の詳細スコア2015モデル(2.5GHzクアッドコアIntel Core i7)

⬇Geekbench 4の詳細スコア2018モデル(2.2GHz 6コアIntel Core i7)

True Tone テクノロジーのディスプレイ

期待していた機能だったのですが、個人利用ではあまり影響はありませんでした🤣
2015モデルと2018モデルを並べて環境光を変えると、確かに色味の変化が起こるのですが、厳密に色を管理するわけではないので、使い勝手には影響はありませんでした。

爆速SSD(2015モデル1TB VS 2018モデル512GB)

SSDの速度には十分満足していましたが、一応速度を比較してみました。
4K映像を扱う人で、4TBつめばMacBook Proでも快適に編集できるかも。
⬇(Write、Read共に早い方が2018モデル)
 

新型バタフライ構造キーボード

店頭で触った感じだと、2015モデルと比較して新型バタフライ構造キーボードはかなり薄くて打鍵感が無くてあまり好みではありませんでした・・・。
が、実際に触ってみると印象は変わるものですね💧

2018モデルのキーボードは、キーの面が大きくてかなり打ちやすいと感じてきました。レビュー用に2015モデルと並行して使っていると余計に感じます。
2015モデルはキーが小さい!(その代わりに打鍵感はあるが・・・)
⬇2015モデルのキーボード

2018モデルは確かにキーボードの打鍵感は少ないが、2017以前のキーボードより静かで(ぺちゃぺちゃ感が無く)打ちやすいと思います。
⬇2018モデルの新型バタフライ構造キーボード

広大なトラックパッド

2018モデルは、2015モデルと比べるとトラックパッドが広すぎる!🤣
広すぎて手が当たってポインタが動かないかなと心配したのですが、手のひらが少し当たったくらいではポインタは動かず、快適にタイピング・操作できます。
⬇2015モデルのトラックパッド

⬇2018モデルのトラックパッド

Touch Barが標準搭載

2018モデルからTouch Barが標準搭載されました。(むしろ非搭載が無い)
個人的には、Touch Barは”あってもいい、でも無くても困らない”
”便利かといえばそうでも無く、かといって不便でも無い”
つまり、別に物理ファンクションキーでもTouch Barでもどちらでも良い🤣

便利な点があるとしたら、Touch BarにはTouch IDが搭載されているため、スリープ後のログインにTouch IDが使えて便利くらいかな。
⬇2015モデルの物理ファンクションキー

⬇2018モデルのTouch Bar
(ちなみにTouch IDのボタンはフリーズした時の強制シャットダウンのボタンになってました・・・。電源ボタンがないから焦った😓)

光らないマーク

もう、僕らのMacBook Proのマークは光ってはくれない😭
でも僕はガンメタのマーク好きですよ。

薄くなった本体

2015モデルと比べてほんの少しだけ薄く、軽くなりました。
もともと15インチMacBook Proは日常的に持ち歩く機種では無いと思っているので、使い勝手には影響は無いですね。

ポートがUSB-Cに統一

2015モデルにはあった、USB(A)やHDMI、Thunderbolt、SDカードスロットが全て廃止になり、USB-Cに統一されました。個人的には、MacBook ProにUSB機器やSDカードを刺すことが”まれ”だったので、ほとんど影響は無いですね。
⬇右ポート(上2018、下2015)

⬇左ポート(上2018、下2015)

あまり困っていないとはいえ、USB機器を使うこともあるからUSB-C to USBアダプタは購入しました。

Apple USB-C - USBアダプタ
  • Apple(アップル)
  • 価格   ¥ 1,845 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック

総評

新しいMacはワクワクしますね!
2015モデルから比較すると、各種ポートがUSB-Cに統一されていたり、新しいキーボードが搭載されていたりと使い勝手に変化があるモデルです。
でも、筐体自体は2016、2017モデルで使われてきたので安定感があるモデルでもあります。
2015年以前のMacBook Proを持っている人なら、”買い”だと思いますよ!