Dyson V8の大容量 互換バッテリーを買ってみた!


2018年9月にDyson V8の純正バッテリーを購入して1年半。
最初はMAXモードで7分弱使えていたのが、最近は4分程度しか使えなくなり、部屋全体の掃除をするために、通常モードとMAXモードを切り替えて使っていました。
でも、「MAXモードで掃除するのがDysonじゃね?」という事で、大容量互換バッテリーを買ってみました!

AmazonなどでDysonのバッテリーを検索すると、安いバッテリーから高い大容量バッテリーまで、様々な製品が売られているのですが、私は下記の製品を選びました。
ポイントは
 ・1年保証
 ・ソニー製セルバッテリーで、純正比43%アップの容量
 ・フィルターが付いてる(汚れていなくても地味に交換したくなる部品)
 ・なんとなく、Amazonレビューが信頼できそうな件数&評価だった

そして買ってきた商品がこちら!


もちろんMade in Chinaなのですが、普通に綺麗な商品です。(当たり前か・・・)少しだけ残念なのが、JIS規格 No.1プラスドライバーが必要なのですが、同梱されていませんので、別途必要です。我が家にはありましたが、ここまで小さいNo.1プラスドライバーは持っていない家庭が多いかもしれないので、注意が必要ですね。

バッテリーは純正品と比べても違いがあまり見つけられません。
細かく言うと、色が純正品は「ガンメタ」ちっくな色合いに対して、この互換バッテリーはのっぺりとした「グレー」で、じっくり見ると色の違いがハッキリと分かります。
🔽左が純正品 右が購入した互換バッテリー

フィルターはほとんど純正品と一緒(ちょっとだけ互換品はひん曲がってます😭)
🔽左が純正品 右が購入した互換バッテリー

実際に取り付けを行ってみました。
No.1プラスドライバーさえあれば、着脱の説明書も入っており、非常に簡単に取り付けできます。(簡単に言えば、ネジ3本外して、元どおりに取り付けするだけ)
バッテリーの色合いも、個人的には全く気になりません。

バッテリーの充電やLEDの表示も問題なく動きます。純正品と比べると、充電ケーブルの差込口が少しだけ硬いです。

純正品にはない機能だと思うのですが、初回の満充電→バッテリーを全て使った後に充電をしていたら、赤色にLEDが点灯しました。純正品では経験したことがないのですが、互換バッテリーについているバッテリー保護機能のようです。(ちょっと不安になりますね😅)

互換バッテリーと言うと、なんとなく敬遠していましたが買って良かったと思います。
■良いところ
・クリーナーヘッドを使ったMAXモードで8分30秒使えた!(純正品は7分程度)
・説明書が入っており、取り付けが簡単にできた!
フィルターも一緒に交換できた!
特に、純正品より長くMAXモードが使えるようになるのは、すごく嬉しいです!
互換バッテリーという事で、少しだけ寿命が気になりますが、もうしばらくDyson V8を愛用していこうと思います。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です