Amazon PA-API v5 移行に伴いAssociates Link BuilderからRinkerへ


自分には全く関係ないと思っていたAmazon PA-API v5への移行。
いっぱいAmazonからメールが来ていましたが、ずっと無視していました。

WordPressのプラグイン「Amazon Associates Link Builder」がPA-APIを使っているのは認識していたのですが、Amazon純正のWordPressプラグインが、まさかPA-API v5に対応しないなんて想像にも思わず、ギリギリになって対応すれば良いと思ってました。

ところが、PA-API v5移行月(2020/03/01)である今日に移行方法をチェックしていたら、なんとPA-API v5が「Amazon Associates Link Builder」に対応しないことが発覚。

そんなわけで、急遽「Amazon Associates Link Builder」から乗換プラグインを探していました。いろいろ探してみましたが、Amazonリンクが手軽に作成できるプラグインはあまりなく、以下2つぐらいが候補に上がりました。

「Amazon JS」はプラグイン検索上では一番上に表示され、1万人以上が利用する、いわゆる定番プラグインのような扱いです。

リンクの見た目は非常にシンプルでAmazonのリンクのみ作成できます。

 

一方、「Rinker(リンカー)」は、WordPressのプラグイン検索画面からは検索されません。Rinker公式サイトから.zip形式のプラグインファイルをダウンロードし、WordPressにアップロードする必要があります。WordPressからプラグイン検索できないので、人気のほどは良くわかりませんが、私が見るサイトでも良く使われている人気のプラグインだと思います。
🔽Rinkerの.zipファイルをアップロード

リンクの見た目は、Amazon以外にも”楽天市場”や”Yahoo!ショッピング”も追加でき、シンプルですが非常に視認性が良いです。私はネットショッピングにAmazonを使いますが、世の中には”楽天市場”や”Yahoo!ショッピング”を使う方が相当数いるため、売上機会損失を防げるという点で「Amazon JS」より優れていると思います。

以上のことから、当サイトでは「Rinker(リンカー)」を利用することにしました。
無料で利用でき、感謝の意味を込めて、再度リンクを貼っておきます。

なお、今まで使っていた「Amazon Associates Link Builder」のリンクを引き続き利用するには、少し手を加える必要があるようです。私にはリンクを一括変換するといった高度な知識がない 、かつ、記事数もあまりないため手動で「Rinker(リンカー)」に置き換えをしました。
🔽Amazonアソシエイトの公式FAQ

以上、Amazon PA-API v5 移行に伴い「Associates Link Builder」から「Rinker」へ乗換した話でした。参考になれば幸いです😊

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です