【2022年】AWSソリューションアーキテクトアソシエイトに合格しました!

2022年4月・・・やっとAWS認定資格 ソリューションアーキテクト – アソシエイトに合格しました!今回は試験の所感や勉強方法を記事にしてみたいと思います。

ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験の難易度

みなさまが一番気になるところだと思いますが、試験の難易度は結構難しい!と私は思いました。私は業務でAWS関連の仕事をしているわけではなく、会社の業務ソフトの基盤としてEC2を利用しているだけであり、ITスキルとしては業界の人からすれば低い方だと思います。そのため、AWS試験に関する情報は、書籍(AWS認定資格試験テキスト)とUdemyの問題集(模擬試験問題集)を中心に勉強しました。

Udemyの問題集が「高難易度の」と銘打っていた事もあり、本試験はこれより易しいと思いきや、感覚としては、Udemy高難易度と同程度の問題が出題されると思った方が良いと思いました。

なお、私のスコアは760点でした。合格ラインが720点でしたから、もう2問程度間違えていたら落ちていたかも・・・💧

ソリューションアーキテクト-アソシエイトの勉強方法 書籍

まずは、私は書籍をしっかり読み込むところからスタートしました。
AWSの試験は考える問題というより「いかにAWSのサービスを知っているか」を問われる試験だと考えています。仕事でAWSを触る人ならともかく、興味があってAWS試験を受験しようと思う人は、サービスの全体像の説明がある書籍を、しっかり読み込んだ方が良いと思います。

私が使ったのは「AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」正直、これを読んだだけで試験に合格できなと思いますが、事前知識として必要です。

ソリューションアーキテクト-アソシエイトの勉強方法 Udemy

私の場合は、書籍の問題集ではなくUdemyの問題集を購入して勉強しました。

書籍の問題集の場合、解答を紙に書いて自分で正答チェックをする必要がありますが、Udemuyならボタンをポチポチしてくだけで、何度でも手軽に模擬試験ができました。

おおよそ3週程度実施して、最後の3回目では正答率は80%〜90%程度となりました。それでも本試験では、760点(76%)でしたから、Udemyの高難易度模擬試験を余裕で解ける人でも、本試験に落ちている人が結構いるのでは・・・と思いました。それぐらい、本試験の難易度も高いと思います。

次は、ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル?

ギリギリ?でアソシエイト試験に合格できましたが、次はプロフェッショナル試験となりますが、今のところ受験しようか迷っています・・・。現状、AWSを使った仕事をしているわけではないですし、またAWSの資格は3年ごとに再試験をして合格する事が必要となっています。仕事でも必要とされない資格を、必死に勉強して、3年ごとに資格更新していく自信がありません。。。

少しだけアソシエイト合格の余韻に浸りつつ、プロフェッショナルの受験について考えていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Go Go MINI !!!